当院のポリシー
記録を残せば、歯の健康は保てるなぜ虫歯になったのか?まで説明します患者さんそれぞれに担当スタッフがつきます
このような悩みをお持ちの方、ぜひご相談ください 治療を受けたいけど痛いのは苦手インプラント治療を受けたい歯並びを改善したい入れ歯が合わない・痛いお口の中の健康をイジりたい院内写真
予防歯科ホワイトニング・審美歯科自家歯牙移植

10年間の経過観測があってこそ信頼できる

斉藤歯科医院院長/斉藤秋人

こんにちは。斉藤歯科医院の院長・斉藤秋人です。

医療の世界は日進月歩で、日々、新しい医療技術が生まれています。歯科医療においても例外ではなく、最先端技術が次々と登場してきます。それに伴い、わたしたち歯科医師も常に最先端医療との戦いで、常に新しい技術の習得に余念がありません。それらはすべて「患者さんの大切な歯を守りたい」、その一心からきています。

しかし、本当にそれでいいのでしょうか? たとえ、いま最高の結果が得られたとしても、10年先も安定した状態でいられるかどうか、確証があるのでしょうか?

わたしはどんな優れた治療方法でも、10年間のケーススタディがない治療は、信頼できません。 学会などで発表される症例には、治療後10年先の症例報告がないことがあります。2~3年後の症例写真だけでは、10年後も安定しているのかどうかの判断がつきません。10年間の経過報告がある治療を一つの目安にし、常に患者さんにとって最善の治療を行っています。

院長あいさつ・経歴

お気軽にご相談ください

矯正歯科カウンセリングを行います

診療日カレンダー

 

医院からのお知らせ

2014年9月11日で歯科衛生士の山崎が出産準備のため退職しました。
担当していた患者さんは佐藤、江口が引き継ぎます。よろしくお願いいたします。