トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 10年間の経過観測があってこそ信頼できる

10年間の経過観測があってこそ信頼できる

10年間の経過観測があってこそ信頼できる

医療の世界は日進月歩で、日々、新しい医療技術が生まれています。歯科医療においても例外ではなく、最先端技術が次々と登場してきます。それに伴い、わたしたち歯科医師も常に最先端医療との戦いで、常に新しい技術の習得に余念がありません。それらはすべて「患者さんの大切な歯を守りたい」、その一心からきています。

しかし、本当にそれでいいのでしょうか? たとえ、いま最高の結果が得られたとしても、10年先も安定した状態でいられるかどうか、確証があるのでしょうか?

わたしはどんな優れた治療方法でも、10年間のケーススタディがない治療には、疑問を感じています。2~3年後の症例写真だけでは、10年後も安定しているのかどうかの判断がつきません。10年間の経過報告がある治療を一つの目安にし、常に患者さんにとって最善の治療を行っています。


トップへ » 院長あいさつ・経歴 » 10年間の経過観測があってこそ信頼できる