トップへ » 当院のポリシー » 担当衛生士制度で患者さんをサポート

担当衛生士制度で患者さんをサポート

担当衛生士制度すべての患者さんの治療経過からその後のケアに関する情報を、一人の医師だけで管理するには限界があります。

当院では患者さんに合った適切な治療を行うために、担当歯科衛生士がつきます。治療前に歯の状態や体調などをヒアリングし、歯科医師に報告した後、適切な処置が行われます。治療後の健康管理など含め、毎回、同じスタッフが責任もってサポートいたします。

なお、当院の歯科衛生士は衛生士のスタディー・グループ「フォーラム東京」「中野予防歯科研修会」に参加し、日々技術の向上に努めています。患者さんの口腔ケアのパートナーとして、よりきめ細かい診療サービスを実現しています。

とはいえ、治療というものは患者さんとの「共同作業」です。ですから、「すべて歯科医師・歯科衛生士に任せておけば大丈夫」というわけではありません。生涯にわたって健康に過ごすためには、自分の健康は自分で守ることが大切です。私たちの使命は、健康に過ごすためのサポートなのです。


トップへ » 当院のポリシー » 担当衛生士制度で患者さんをサポート