トップへ » 当院のポリシー » 入れ歯治療 » 安定性に優れたコーヌスクローネ

安定性に優れたコーヌスクローネ

数多い入れ歯の中でも最も高い安定性があり、歯周組織に優しい入れ歯がコーヌスクローネです。この義歯は茶筒に蓋を被せたような二重構造になっていて、内冠(支えとなる歯)の上から外冠(入れ歯)を被せる嵌め込み式の入れ歯です。

支えとなる歯を削り、その上から貴金属でできた内冠を被せます。そして内冠にピッタリ被さる外冠を被せて固定します。内冠と外冠が噛み合うことでピッタリフィットします。

歯に固定する金具を使用していませんので目立たず、横揺れに強く外れることがありません。また支えとなる歯を抜歯してもリフォームすることができます。その反面、健康な歯を削らなければならないので患者さんの歯に負担がかかるというデメリットもあります。

コーヌスクローネは極めて高い技術力を必要とします。そのため、治療期間が比較的長くなるのがデメリットです。

【症例】歯周病に最適 金属のワイヤーの見えない義歯

症例術前
入れ歯があわない。金属のワイヤーが見える。

症例術前
下の前歯。金属のワイヤーの下に汚れがたまる。
下へ

症例術後
入れ歯のワイヤーがない。審美的で機能的。

症例術後
汚れがたまりにくい。歯周病の予防につながる。
下へ

症例義歯を外した状態
個々の歯は非常に清掃しやすい形態。


トップへ » 当院のポリシー » 入れ歯治療 » 安定性に優れたコーヌスクローネ