トップへ » 当院のポリシー » 審美歯科治療 » 技工士とのコンビネーションが作り出す技工物

技工士とのコンビネーションが作り出す技工物

審美歯科優れた補綴物をつくるためには、技工士と歯科医のコンビネーションが欠かせません。当院では技工士とのコミュニケーションを大切に、完成度の高い補綴物を出来る限りご提供しようと考えています。

一つの補綴部を仕上げるには、型採りから指示出し製作に至るまで、どれ一つとっても妥協は許されません。歯型をとる時は、技工士が作業しやすいよう歯ぐき周辺の汚れを取り除きます。発注では口腔内写真を添付し細部にわたった指示書を出します。万一、不明瞭な点があれば歯型の取り直しも含めてきちんと連絡を取り合います。

こうした綿密なやり取りを経ていますので、完成した歯は非常にレベルの高いものだと自負しています。患者さん一人ひとりのお口にピッタリ合った歯を提供することができるのです。実際、「まるで自分の歯のよう」「噛み心地が自分の歯と変わらない」といった嬉しい声をいただくこともあります。

技工士に最大の敬意を払い、お互いの厳しい目でお互いをチェックし合うことで、ハイレベルな技工物が提供できるのではないかと考えています。


トップへ » 当院のポリシー » 審美歯科治療 » 技工士とのコンビネーションが作り出す技工物