トップへ » 当院のポリシー » 審美歯科治療 » 当院で扱う審美歯科メニューとは?

当院で扱う審美歯科メニューとは?

健康的な笑顔はなによりその人を魅力的に映します。当院では虫歯治療と同じように、できるだけ削らない審美治療を心がけています。当院では様々な審美歯科治療メニューをご用意しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

オールセラミック 透明感ある自然な歯
オールセラミックセラミック(陶器)でできているため、白くて透明な自然な仕上がりです。耐久性に優れ、飲食物の色素が付着しにくく、変色もありません。

また、金属を一切使っていませんので金属アレルギーがある方にもおススメです。強度があるので前歯や奥歯のブリッジ(抜けた歯の両隣の歯を利用し、橋をかけるように被せる方法)にも適しています。最も審美性に優れた素材のひとつといえます。

<オールセラミックのメリット>
・白く美しい歯を手に入る
・歯並びや噛み合わせの改善にも利用できる(一定の制限あり)
・金属を使用しないので、歯ぐきの変色や金属サビがない
・金属アレルギーの方にもオススメ

<オールセラミックのデメリット>
・メタルボンドなどに比べて割れやすい
・比較的費用がかかる
・ブリッジなどでは使用できないケースがある

【症例】オールセラミッククラウン 金属を使用しないので透明感がでる

症例術前
右上の2番の歯の色が悪い
下へ

症例術中
中の土台も金属を使用しない。歯の割れにくいファイバーコアを使用。歯の色もよくチェック
下へ

症例術後
自然な色合いのオールセラミッククラウン


メタルボンド 様々な用途に利用できる
メタルボンド"人工歯"の外から見える部分はセラミックでつくり、目に見えない部分は金属を使用しています。表面にセラミックを使っていますので強度があり、審美性にも優れています。オールセラミック同様、色素の付着や変色の心配もありません。金属を使用することでオールセラミックに比べてコストを抑えることができます。

<メタルボンドのメリット>
・硬度があり、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない
・ブリッジなどでも使用できる

<メタルボンドのデメリット>
・歯ぐきや歯が黒ずんで見えることがある
・オールセラミックに比べて、やや透明感に欠けるが、技工士の腕次第で天然歯に近いリアルな表現が可能


ハイブリッドセラミック 奥歯に最適!
ハイブリッドセラミックセラミックの粒子とプラスチック(レジン)を混ぜ合わせてつくった詰め物(インレー)で、両方の長所を併せ持っています。セラミックよりも柔らかく周囲の歯を痛めることがありません。主に奥歯の治療に使われ、審美性に優れています。

<ハイブリッドセラミックのメリット>
・保険適用のレジンに比べ、タバコのヤニやコーヒー・お茶などの茶シブによる変色が少ない。
・色調が豊富で、より自然な仕上がりになる。

<ハイブリッドセラミックのデメリット>
・セラミックに比べると、変色しやすく、透明感に劣る
・微妙な色調整が難しい


トップへ » 当院のポリシー » 審美歯科治療 » 当院で扱う審美歯科メニューとは?