トップへ » 当院のポリシー » 予防歯科 » 虫歯・歯周病になりにくい口腔内環境をつくる【予防歯科】

虫歯・歯周病になりにくい口腔内環境をつくる【予防歯科】

予防歯科

たとえば虫歯の場合、痛くなってから治療したのでは時間もかかってしまい、歯が痛い思いをしてしまうものですよね。最近は、この「歯が痛くなってから、歯医者に行く」というライフスタイルが、変わってきています。

「予防歯科」は、痛くなってから治療するのではなく、普段から「お口の健康を維持する」という歯科スタイルです。一生ものの歯の健康を守るために、ぜひ定期的な健診・メインテナンスへお越しください。

このページでは、当院の予防歯科についてご紹介いたします。

※【症例】メインテナンスに8年間かかさず来院した患者さん
年配の方でも定期的に来院していると歯を失う確立は低くなります。

症例初診時70才
年3回のメインテナンスにまじめに来院
下へ

症例現在79才
9年後、一本の歯を失いましたが現在歯は24本。
8020達成(80才で20本)間近。

※【症例】痛い時しかこない患者さんの末路
症例この患者さんは開業当時より来院している患者さんです。お仕事が忙しい事もあり、痛い時だけの不定期の来院でした。16年前の初診時は26本ありましたが、写真は11年後、10本の歯を失いました。

16年後、現在64才。さらに4本失い現在12本です。定期来院をしていれば、こんなに歯を失う事はなかったと、本当に悔やまれます。


トップへ » 当院のポリシー » 予防歯科 » 虫歯・歯周病になりにくい口腔内環境をつくる【予防歯科】