トップへ » 当院のポリシー » 予防歯科 » 口腔内写真を活用して予防歯科に努める

口腔内写真を活用して予防歯科に努める

口腔内写真予防歯科は虫歯になりにくい歯や、歯肉炎になりにくい歯ぐきをつくることを目的とした治療です。当院では染め出し液を使ったブラッシング指導や歯のクリーニング、PMTCを行うことで、虫歯や歯周病の原因となる汚れや細菌を徹底的に取り除いていきます。

予防歯科の効果を高めているのが口腔内写真です。治療前後の口腔内写真を撮影することで、患者さんの歯やあごの状態を確認し、今後どのように変化していくか長期的な予測を立てることができます。その結果をもとに患者さんにとって最適な予防方法が提案できるのです。患者さんの歯の健康を考えてのことですので、ご理解いただければ幸いです。


トップへ » 当院のポリシー » 予防歯科 » 口腔内写真を活用して予防歯科に努める