トップへ » 当院のポリシー » 一般歯科(虫歯治療) » 患者さんにやさしい麻酔注射

患者さんにやさしい麻酔注射

麻酔注射治療中の痛みが怖くて歯医者さんに行くのがいや。こんな方はいらっしゃいませんか?当院では治療中の痛み対策が万全に整っていますので、安心して治療を受けていただけます。痛みが伴う治療を行うときは、表面麻酔で歯ぐきの感覚を麻痺させた後、麻酔注射を行います。

麻酔針は痛みの少ない33ゲージ。細い針を使いますので刺したときの"チクっ"とした痛みを軽減しています。また麻酔液は体温に近いほど違和感や痛みが少なく、あらかじめ人肌に温めておいたものを使用します。さらに痛みが感じにくい粘膜から針を刺し、電動注射器(右写真)で一定速度で麻酔液を注入しますので、注入時の不快感や痛みもほとんどありません。

そのほか治療後の痛みをできるだけ抑えるために、抜歯後には痛み止めを飲んでいただいてから帰っていただく場合もあります。


トップへ » 当院のポリシー » 一般歯科(虫歯治療) » 患者さんにやさしい麻酔注射