トップへ » 当院のポリシー » 一般歯科(虫歯治療) » 【できるだけ歯を削らない治療】患者さんの歯を残すために

【できるだけ歯を削らない治療】患者さんの歯を残すために

できるだけ歯を削らない治療治療した歯に被せる人工歯は、どんなに精巧につくっても外れてしまうことがあります。しかし取れた後を調べると新たな虫歯ができていることが多々あります。

感染した部分を取り除くためにさらに歯を削りますが、健康な歯がどんどん減り、しかも穴がどんどん大きくなっていきます。しかし一度削った歯は、二度と元の状態には戻りません。当院では患者さんの健康な歯をできるだけ残すために、"できるだけ歯を削らない治療"を行っています。

そのため、当院ではレントゲンやレーザー診断器による詳細なチェックを行い総合的に判断し、もし虫歯の進行が進んでいないようなら削らずに経過を観察しますので、定期的にご来院ください。また、進行をくい止めるために削る必要性がある場合には、拡大鏡を使いながら、必要最小限で正確な治療を行っていきます。

虫歯発見機【DIAGNOdent(ダイアグノデント)】
ダイアグノデントいわゆる虫歯発見器です。歯面に測定器の先端を当て虫歯かどうかを測定する装置です。肉眼では見落とされそうな歯の変化を感知できるので、虫歯の見落としが減る可能性があります。また、虫歯の部分だけを正確に判断できるので、本当に治療が必要な歯なのか?など診断の手助けになります。


トップへ » 当院のポリシー » 一般歯科(虫歯治療) » 【できるだけ歯を削らない治療】患者さんの歯を残すために