トップへ » 当院のポリシー » インプラント治療

インプラント治療とは?

インプラント治療とは?

インプラント治療とはあごの骨の中にチタンでできた人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を被せる治療方法で、何らかの理由により失われた歯の機能を回復します。

これまでの、入れ歯やブリッジなどと比較すると、歯の削り過ぎを避けることができ、他の歯に負担をかけることがありません。また、なにより自分の歯のように噛めるといった利点があります。

このページでは当院のインプラント治療についてご紹介いたします。

※当院では難症例の患者さんでも、東京医科歯科大学インプラント科のインプラント専門医のドクターと共に治療を行うことで、高度な治療をご提供しております。他院で「インプラント治療は難しい」と言われた方も、ぜひ一度ご相談ください。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリットとは?
インプラントのメリット・デメリット・失った歯の数が多くても咀嚼力を回復することができ、安定した噛み合わせを長期間保つことができる

・歯を失いそのままの状態にしておくとあご骨の量が減っていくが、咀嚼することで骨に刺激を与え、骨の量が減っていくのを防いでくれる

・審美性に優れ、天然歯と遜色のない色と形に仕上げることができる

・定期検診を受け、毎日の口腔ケアを行うことで長期間安定した状態を保つことができる

・生体親和性の高いチタンを使用しているので、金属アレルギーのある方でも安心して使用できる

・噛み合わせや口もとがキレイになるのでアンチエイジング効果がある

インプラントのデメリットとは?
・外科手術を行うためリスクが伴うことがあり、口腔内の状態によっては適応できないケースもある

・安定した状態を保つために、ブラッシングなどの毎日の口腔ケアや、一か月~半年に一度の定期メインテナンスが必要

・治療後にネジがゆるむ、人工歯が取れる、歯が欠ける、インプラントが折れるといったことがある

・治療時間は2~6か月と比較的長く、費用も比較的高い

インプラントと従来の治療法との違い

新しい治療法と従来の治療法
●「インプラント治療について」パンフレットより

【症例】インプラントと入れ歯の組み合わせ治療

歯をすべて無くしてしまって、すべての歯をインプラントにしたいが、「手術が怖い」「費用に不安がある」という方はいませんか?当院では、「インプラント」と「入れ歯」を組み合わせ、身体への負担を最大限に抑えた上で、「噛める」ようになる治療をご提案しています。

具体的には、たった数本のインプラントを支点とし、そこに入れ歯を引っ掛けることで、通常の入れ歯よりもより噛む力の強い入れ歯が可能です。また、インプラントの埋入本数も少ないので、治療期間などの短縮にもなります。

【症例】歯周病に最適 金属のワイヤーの見えない義歯

症例術前
入れ歯があわない。金属のワイヤーが見える。

症例術前
下の前歯。金属のワイヤーの下に汚れがたまる。
下へ

症例術後
入れ歯のワイヤーがない。審美的で機能的。

症例術後
汚れがたまりにくい。歯周病の予防につながる。
下へ

症例義歯を外した状態
個々の歯は非常に清掃しやすい形態。

【症例】矯正とインプラントのコラボレーション

より美しく、より長持ち・安定するように、矯正を行った後にインプラント治療を施した症例です。術後4年以上経ちますが、定期的なメインテナンスのおかげで未だに安定しております。

【症例】矯正とインプラントのコラボレーション治療

症例インプラントと矯正のケース
初診(前歯が2本たりない)
下へ

症例矯正中
前歯の開いたスペースにインプラントを使用
下へ

症例術後4年(初診より8年 安定している)
左右2番はオールセラミッククラウンを使用

関連ページリンク

■当院のポリシー
治療の流れ一般歯科(虫歯治療)予防歯科小児歯科
コラム / 子供の歯を守る歯周病治療矯正歯科治療審美歯科治療
インプラント治療入れ歯治療自家歯牙移植
患者さんの声料金表医療費控除

■院長あいさつ・経歴
スタッフ紹介院内ツアースタッフ募集
アクセス・診療時間プライバシーポリシー

お気軽にご相談ください

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院のポリシー » インプラント治療