トップへ » 当院のポリシー » 矯正歯科治療

歯の健康を維持する矯正治療

矯正治療

歯並びが悪いと虫歯や歯周病になりやすいのをご存知でしょうか?特に小さなお子さんにとって、幼いころの歯並びが一生の歯の健康を左右することにもなりかねません。

当院では将来にわたってお口の健康を維持するために、矯正専門医による矯正治療を行っております。床矯正や目立たない裏側矯正、治療期間が短いマイクロ矯正などを中心に、ハイレベルで専門的な矯正治療が可能です。

治療を始める前に一人ひとりの患者さんごとにカウンセリングを行い、矯正装置の種類や治療期間、ご予算などのご要望を伺いながら、最適な方法をご提案していきます。歯並びや噛み合わせが気になる方は、お気軽にご相談ください。

目立たない裏側矯正

裏側矯正最近の矯正治療では、クリアブラケットのように目立たない矯正装置が使われるようになってきました。しかし歯の表側に装置を取り付けるため、見た目が気になり矯正治療を嫌がる方もいらっしゃいます。そこで注目したいのが「裏側矯正」です。

裏側矯正って何ですか?
裏側矯正は歯の裏側に装置を取り付ける矯正方法で、口を開けても装置が目立ちません。誰にも知れられずに矯正治療が行え、症例や年齢に関わらず、どなたにも適応できます。見た目を気にされる方には最適な矯正方法といえるでしょう。

通常の矯正治療では歯の表面に矯正装置を取り付けますが、裏側矯正では歯の裏面にマルチリンガルやインコグニートという装置を取り付けます。

治療方法は2種類あり「フルリンガル」と「ハーフリンガル」です。フルリンガルは上下の歯を裏側から矯正します。一方、ハーフリンガルは上の歯は裏側矯正にし、下の歯は表側に装置を取り付けます。どちらのタイプで治療を進めるかは患者さんのご要望に応じて決定します。

<裏側矯正のメリット>
・歯の裏側に取り付けるので矯正装置が目立ちません。他の人に気づかれることなく矯正治療が行えます

・裏側に装置を接着させるので、歯の表面にあるエナメル質を損傷することがありません。治療後も歯の輝きはそのままです

・虫歯になりにくい

・歯が前に出ている症例では前歯が後退しやすく、出っ歯などの治療に効果があります

<裏側矯正のデメリット>
・装置が舌にあたるため慣れるまでは発音しにくいことがあります。ほとんどの方は1~2か月程度で慣れてきますので、普通に発音できるようになります

・通常の矯正装置に比べ費用が割高です

【インプラント矯正】よりキレイな歯並びを目指すなら

「より歯並びをキレイにしたい」という方には、インプラント矯正をオススメしています。

小さなスクリュー(小さなインプラント)を歯ぐきに埋入。これを土台にし、歯を引っ張ることで、効率的に矯正歯科治療ができる画期的な矯正方法です。歯ぐきに入れるスクリューは、数ミリしかない小さなピンのようなもの。麻酔を使用し埋入するので、痛みはほとんどありません。

この矯正は今までの方法と違い、24時間休みなく歯を引っ張り続けることができるため、より精度の高い治療結果を得ることができます。インプラント矯正は、精度の高い矯正として近年注目されている治療方法です。

子供の矯正を始めるタイミングとは?

お子さんの目線に合わせた治療一般的には6歳から7歳、永久歯の前歯と奥歯が生えてくる時期に、顎の変形が強いケースなどでは幼児のうちに一度ご来院をお勧めしています。理想的には成長上にアンバランスの芽が出始めたころから何らかの対策を講じた方が良いと言えるでしょう。

とはいえ、顔が一人ひとり異なるように、歯や顎、そして心の成長はお子さんによって千差万別です。早い時期に矯正を始めたほうが良いお子さんもいれば、実際にはしばらく成長を待ってから始めたほうが良いお子さんもいます。

ただひとついえることは、骨格の不調和をそのままにしておくと、5年後・10年後には不調和が更に大きくなってしまい、その結果、矯正治療も難しくなってしまう場合があります。もし、お子さんの歯並びが気になるようでしたら、なるべく早めに歯科医院を訪ねてみることをお勧めいたします。

矯正治療の流れとは?

矯正相談(約30分)
噛み合わせや歯並びでお困りのことをカウンセリングいたします。また、ご希望により治療費のお見積もりをさせていただきます。

精密検査(約30分)
お顔とお口の写真、各種レントゲン写真撮影、歯の模型などをとらせていただきます。

診断(約30分)
精密検査の結果をご説明いたします。治療方法や治療期間など詳しくご説明いたします。

治療
何回かに分けて矯正装置を装着していきます(使用する装置により回数は異なります)。装置装着後は約1か月に一度の来院となります。また、歯磨き指導を矯正治療開始前と治療中に何回か行っていきます。

保定
矯正装置がはれた後、後戻りを防ぐために保定装置を装着します。保定期間中は、1年に3回前後の来院となります。

矯正専門医のご紹介

歯学博士
横関雅彦横関雅彦(昭和40年8月生)
矯正治療を通して皆さんやお子さんの「噛み合わせを第一に考え」、ご健康のお手伝いができればと考えております。

また、笑顔の美しさというものはかけがえないものです。矯正治療が終了して装置がはずれた方の笑顔は、治療をやり遂げたという満足感と美しくなったという自信から本当に素晴らしく感じられます。皆さんやお子さんの「美しさの応援」ができればと考えております。

日本矯正歯科学会指導医・認定医

■略歴
昭和59年3月
 神奈川県立希望ヶ丘高校卒業
平成3年3月
 北海道大学歯学部卒業
平成9年3月
 東京医科歯科大学大学院修了
平成9年4月
 東京医科歯科大学歯学部附属病院医員
 (歯科矯正学第二講座)
平成11年4月
 徳島大学歯学部助手 (歯科矯正学講座)
平成12年4月
 徳島大学歯学部附属病院講師(歯科矯正学講座)
平成14年1月
 徳島大学歯学部助教授(歯科矯正学講座)
平成15年5月
 徳島大学歯学部非常勤講師(歯科矯正学講座)
平成15年12月
 横関矯正歯科クリニック開院
(平成16年4月に指定自立支援医療機関(更生・育成医療)に認定)

■所属機関等
東京医科歯科大学非常勤講師(平成16年4月~)
徳島大学非常勤講師(平成15年5月~)

■所属学会
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
中・四国矯正歯科学会
日本口蓋裂学会
日本顎関節学会
日本顎変形症学会
四国歯学会
日本骨代謝学会
国際歯科研究学会日本部会
国際歯科研究学会(International Association for Dental Research)
World Federation of Orthodontists Fellow

■受賞経歴
平成10年6月:第76回国際歯科研究学会 Travel award
平成10年11月:第5回若野洋一歯科臨床医学奨励賞
平成13年5月:第10回日本顎変形症学会優秀ポスター賞
平成15年10月:第62回日本矯正歯科学会大会学術大会優秀発表賞


関連ページリンク

■当院のポリシー
治療の流れ一般歯科(虫歯治療)予防歯科小児歯科
コラム / 子供の歯を守る歯周病治療矯正歯科治療審美歯科治療
インプラント治療入れ歯治療自家歯牙移植
患者さんの声料金表医療費控除

■院長あいさつ・経歴
スタッフ紹介院内ツアースタッフ募集
アクセス・診療時間プライバシーポリシー

お気軽にご相談ください

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院のポリシー » 矯正歯科治療