トップへ » 当院のポリシー » 歯周病治療

【歯周病】あなたの歯ぐきは大丈夫ですか?

歯周病

歯周病とは、歯を支える骨や歯ぐきの病気です。たとえば家を想像したとき、土台がしっかりしていないとグラついてきて、ついには倒れてしいます。歯周病のメカニズムもこれと同じ。歯の土台となる歯槽骨がだんだん溶けてなくなり、ついには歯が抜けてしまう怖い病気です。

このページでは当院の歯周病治療についてご紹介します。

そもそも歯周病ってなんですか?

歯周病近年、厚生労働省の調査によると、「成人の約7割が歯周病に感染している」という報告があります。40才以上では5人中4人は歯周病にかかっていると言われ、もはや歯周病は国民病といえるのかも知れません。

歯周病の進行具合歯周病は歯垢が石灰化して歯石に変わると、歯と歯ぐきの間に歯周ポケットと呼ばれる溝ができ、その中に細菌が溜まり始めます。歯ぐきが炎症を起こし、歯周ポケットの奥深くまで広がると、歯根膜や歯槽骨が細菌によって溶かされ、歯を支えきれなくなってきます。治療をせずに放置しておくと、最終的に歯を失います。

歯周病の初期段階ではこれといった症状がほとんどありません。しかし症状が現れたころにはかなり進行していて既に手遅れというケースがほとんどです。

【歯周病の治療方法】担当歯科衛生士との二人三脚

歯周病の治療歯周病の治療は、歯科医師もお手伝いしますが、基本的に担当歯科衛生士と患者さんの共同作業で行っていきます。(一回30分~1時間)

初期治療前と治療後のお口の中を写真撮影し、パソコンの画面でその変化を一緒に確認いただきます。歯周病の状態が良くなった状態でそれぞれ必要な治療を開始します。

歯周病治療では、受け身ではなく患者さん自身が参加し、一緒に改善させていくことが大切です。また、改善したものを維持していくのも患者さん自身。そのサポートをさせて頂くのが、衛生士の役目であると考えています。

知っていますか?歯周病が巻き起こす全身疾患

歯周病といえば、「歯ぐきが腫れる」「歯がグラグラしてくる」といったイメージをお持ちの方も多いでしょうが、最近では歯周病と全身疾患の関係が指摘されるようになりました。歯周病は、中高年の約8割がかかっていると言われており、決して他人事ではありません。「歯周病かな?」と思ったら、ぜひ一度ご相談ください。

糖尿病
ご存知の通り、慢性的に血糖値が高くなり、全身の免疫力が落ちる病気です。悪化するとさまざまな合併症を引き起こすこともある怖い病気です。

肥満
肥満の人は脂肪細胞によって全身の炎症が起きているため、歯周病の炎症を悪化させやすく、また、歯周病が起こす炎症が肥満を招く一因になるともいわれています。

脳卒中
血液中の歯周病菌がアテローム性プラークをつくり、それが原因で血栓が生じ、脳の血管にまで運ばれるなどして発症します。

早産/低体重児出産
低体重児は、体重が2500グラム未満で生まれる赤ちゃんのこと。未熟児ともいわれます。 血液中で、歯周病菌の毒素や炎症物質の濃度が高まると、子宮筋が収縮し、胎児が十分に成長していない状態で出産するリスクが高まります。

誤嚥(ごえん)性肺炎
高齢者の死亡原因として多い肺炎です。口内細菌が唾液に混じって気道から肺に入ることで起こります。口腔機能の衰えから高齢者には誤嚥が多く、口内に細菌が多いと、誤嚥性肺炎を招きやすくなります。

関連ページリンク

■当院のポリシー
治療の流れ一般歯科(虫歯治療)予防歯科小児歯科
コラム / 子供の歯を守る歯周病治療矯正歯科治療審美歯科治療
インプラント治療入れ歯治療自家歯牙移植
患者さんの声料金表医療費控除

■院長あいさつ・経歴
スタッフ紹介院内ツアースタッフ募集
アクセス・診療時間プライバシーポリシー

お気軽にご相談ください

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院のポリシー » 歯周病治療