トップへ » 当院のポリシー » 一般歯科(虫歯治療)

痛みの少ない治療

痛みの少ない治療

治療が怖いからといって、虫歯をそのまま放置している方はいませんか?

どうぞご安心ください。当院はできるだけ痛くない、できるだけ歯を削らない治療を心がけています。最新の治療技術・治療装置をフルに活用し、痛みをほとんど感じさせない治療を行っております。

このページでは、当院が行っている「痛みの少ない治療」についてご紹介いたします。

患者さんにやさしい麻酔注射

麻酔注射治療中の痛みが怖くて歯医者さんに行くのがいや。こんな方はいらっしゃいませんか?当院では治療中の痛み対策が万全に整っていますので、安心して治療を受けていただけます。痛みが伴う治療を行うときは、表面麻酔で歯ぐきの感覚を麻痺させた後、麻酔注射を行います。

麻酔針は痛みの少ない33ゲージ。細い針を使いますので刺したときの"チクっ"とした痛みを軽減しています。また麻酔液は体温に近いほど違和感や痛みが少なく、あらかじめ人肌に温めておいたものを使用します。さらに痛みが感じにくい粘膜から針を刺し、電動注射器(右写真)で一定速度で麻酔液を注入しますので、注入時の不快感や痛みもほとんどありません。

そのほか治療後の痛みをできるだけ抑えるために、抜歯後には痛み止めを飲んでいただいてから帰っていただく場合もあります。

【できるだけ歯を削らない治療】患者さんの歯を残すために

できるだけ歯を削らない治療治療した歯に被せる人工歯は、どんなに精巧につくっても外れてしまうことがあります。しかし取れた後を調べると新たな虫歯ができていることが多々あります。

感染した部分を取り除くためにさらに歯を削りますが、健康な歯がどんどん減り、しかも穴がどんどん大きくなっていきます。しかし一度削った歯は、二度と元の状態には戻りません。当院では患者さんの健康な歯をできるだけ残すために、"できるだけ歯を削らない治療"を行っています。

そのため、当院ではレントゲンやレーザー診断器による詳細なチェックを行い総合的に判断し、もし虫歯の進行が進んでいないようなら削らずに経過を観察しますので、定期的にご来院ください。また、進行をくい止めるために削る必要性がある場合には、拡大鏡を使いながら、必要最小限で正確な治療を行っていきます。

虫歯発見機【DIAGNOdent(ダイアグノデント)】
ダイアグノデントいわゆる虫歯発見器です。歯面に測定器の先端を当て虫歯かどうかを測定する装置です。肉眼では見落とされそうな歯の変化を感知できるので、虫歯の見落としが減る可能性があります。また、虫歯の部分だけを正確に判断できるので、本当に治療が必要な歯なのか?など診断の手助けになります。

関連ページリンク

■当院のポリシー
治療の流れ一般歯科(虫歯治療)予防歯科小児歯科
コラム / 子供の歯を守る歯周病治療矯正歯科治療審美歯科治療
インプラント治療入れ歯治療自家歯牙移植
患者さんの声料金表医療費控除

■院長あいさつ・経歴
スタッフ紹介院内ツアースタッフ募集
アクセス・診療時間プライバシーポリシー

お気軽にご相談ください

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院のポリシー » 一般歯科(虫歯治療)